お外だ!芝生だ!ムーちゃんBlog

ムーママの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは食事の改善だ!



ムーグが悪性の腫瘍とわかってから一週間。
とにかく、ワラをもすがる思いで、
ガンについてネットサーフィンする毎日。

1日も無駄にできないと焦る気持ちと、
いかに自分がガンについて無知だったかと、
反省する毎日。

様々なガンで闘っているわんちゃんや、
ガンについて詳しい獣医さんなどから、
今まで聞いたことのなかった言葉、
薬やサプリの名前、治療方法など、
次から次へと知る毎日。
感謝、感謝の毎日です。(;_;)

そして、お友達の皆さんからは、
コメントいただいたり、励まして頂いたり、
本当にありがとうございます。


まずは食事の改善だ!

そんな中で、まずは大事!だと思ったのが
食事の改善です!

ガンで闘っているわんちゃんのブログを読んでた時、
「炭水化物、多く摂ったらダメ」とか、
パン食べさせちゃったらダメとか
書いてあるので、何で?何で?
ご飯もダメなの?ムーグはご飯が大好き
なんだけど~~!と調べたら、
何と!ガンというのは、ブドウ糖を好む
性質があるそうなのです!!Σ(っ゚Д゚;)っエェー

しかも、ガンを患ったワンちゃんは
各種栄養素の代謝に変化が起こるので、
きちんとした栄養管理が必要で
食事の改善は急務!とのこと。
糖質を抑え、高タンパク質の食事が
大事とのことだが、
まずは勉強、勉強と思って、
即!購入した本がこれです!↓

愛犬のためのがんが逃げていく食事と生活愛犬のためのがんが逃げていく食事と生活
(2009/12/01)
須崎 恭彦

商品詳細を見る


須崎先生は、他にも多くの本を出版されてますが、
まずは、この本を購入して勉強させてもらってます。
食事のことだけではなくて、ガンに対して
何が大切なのかとか、難しい病気やガンでも
克服したワンちゃんのお話や、
とにかく、とても勉強になってます。

まだまだ本も読んでいる最中で、
熟読が必要なんですが、
まずは即行動に移らなければ!と、
同時に始めたサプリメントと、
そちらで紹介されていたレシピを参考に、
ムーグの手作り食を作りました!


ムーグ、初めてのきのこを食す!

まずは材料を用意。


にんじんさん、キャベツさん、ブロッコリーさん、
大根さんや、鶏肉さん、
そして何と言っても今日の主役はマイタケさん!
どうか皆さん、ムーグのガンを
やっつけてください!
という思いで料理開始。

何やらきのこにはβ-グルカンという
免疫力を高め、ガン細胞の増殖を抑える
効果があるそうです。

その中でもマイタケのβ-グルカンは
MD-フラクションといって、より強力
なんだそうです。
「まいたけの栄養、効能効果」より

色々なきのこは試したいが、
今まで「きのこ」なんて食べたことが
なかったムーグには、この「まいたけ」くんを
食べることができるかどうか、
まずは作ってみることにします。


全ての材料をみじん切りにして、
お鍋で10分くらい煮込んだら
はいできあがり。


食事も冷たいものより、
温かいものがいいそうです。

そんなわけで、味見する・・?

と、ムーグに近づけてみた。

すると…

クション!クション!
キュゥウウウウ--ッ(*`゚Д´)(っ*`з´)っ・:∴クション!
と大きなくしゃみ。

どうも、まいたけの独特に匂いに
むせたようです。

あぁ~これはきっと食べてくれないなぁ~(´Д` )
と諦めていたら、

むしゃむしゃむしゃ、うめぇ~

と、あら?ペロリンちょ。
お皿が綺麗になってました~ヾ(*´∀`*)ノワーイ

というわけで、ご飯にかけてあげたら
喜んでむしゃむしゃ食べてくれて、
あっという間に完食でした!!!\(^o^)/

よかった~と、まずは一安心です。
残りは製氷皿に小分けして、
冷凍保存すれば一週間分くらい
持ちます。


これらも食事にはマイタケ入りの
温かい美味しいご飯を心がけて、
ムーグのガンをやっつけるべく!
ムーママ、お料理がんばります。(^o^)/





応援ありがとう!\(^o^)/↓ポチッ
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ


「犬の闘病生活」にも参加しました。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


            



投与中のお薬
エンドキサン(抗がん剤)
 8/5から投与。20日が経過。
 リンパ腫に効く抗がん剤で、現在はとても弱いもの。
 シロップタイプで、ご飯と一緒に服用。
 現在も副作用とみられる症状はなし。
 :1日1回(1ml)
バキソ(消炎鎮痛剤)
 7/28から投与。
 解熱、鎮痛効果、炎症を抑える薬。粉状。
 量:1日1包
サイトテック(胃薬)
 7/28から投与。
 胃酸の分泌抑制、胃粘膜の血行改善、胃粘膜の障害修復、錠剤
 量:1日2回、1/4錠ずつ。







スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。